起業時の通信費を考える|家庭用もある3dプリンターを導入するなら選び方を知っておこう

家庭用もある3dプリンターを導入するなら選び方を知っておこう

起業時の通信費を考える

電話するレディ

複数の回線を使用

ビジネスフォンは社内に設置した交換機で複数の回線をコントロールする仕組みで、ひとつの外線を複数の内線で共有できるのが特徴です。そのため通話中に社外から電話がかかってきても、話し中にならずに電話を受けることができます。もちろん外線は複数あっても構いません。また内線間の通話が無料になることもビジネスフォンのメリットです。最近では個人の携帯電話をビジネスに利用する機会も多くなっていますが、これはビジネスとプライベートの区別が難しく、通信費の精算が面倒になるという問題点があります。社内で使用する電話機の数が多ければ多いほど、ビジネスフォンのメリットは大きくなります。ただし導入に費用がかかるため、リースを利用するのもひとつの方法です。

購入やレンタルとの違い

ビジネスフォンにはリースのほかに、購入やレンタルという導入手段があります。このうち購入は多額の資金が必要なので、ビジネスを立ち上げる時には大きな負担になります。レンタルは最も手軽な方法ですが、利用できるのは中古品や旧型の機種になることがほとんどです。リース契約は最新機種を導入できて、しかも初期費用を抑えられることがメリットです。リース中のビジネスフォンはリース会社に所有権があり、自由に処分することはできませんが、固定資産税の支払い義務も発生しません。またリース料は損金に算入することができます。ただしレンタルと違って基本的に解約できないため、将来の経営計画を見据えた上で契約を結ぶことが大切です。

Copyright © 2017 家庭用もある3dプリンターを導入するなら選び方を知っておこう All Rights Reserved.